転職エージェントを活用して正社員になったが既に辞めたい

標準

ネットなどを利用すると無限に求人情報があるように思いますが、意外に情報が少ないと感じます。それは実際に転職活動すると自分の転職したいような条件の求人を絞るとやはり少ないと感じます。有効求人倍率が改善されたというニュースもありますが、それは非正規労働の求人が増えているために、正規の求人は少ないというのが現状です。また、人材紹介会社や転職エージェントなど求人を紹介する会社も数多くありますが、ほとんどが無料登録などで求職者の数を多く集めるのが目的で、一人一人転職が決まるまで面倒を見るということもなく有効な情報をどんどん伝えるということもなく、その内、放置されるというところがほとんどです。

そのせいで転職が上手く行ってもすぐに辞めたい、となてしまうのです。また、あいまいに転職は技術があれば、能力が高ければすぐに決まるという風潮がありますが、実際には職種や業種に大きく影響し、それほど能力が高くなくても業界で人材不足ならすぐ決まり、職種も特殊性があり不足しているのならすぐに採用されます。逆に比較的能力や学歴、職歴もそこそこの人でも希望する業種や職種が求人飽和状態ならなかなか決まらないということがよくありますが、そのあたりの情報というのはなかなか集めることができません。人材紹介会社や転職エージェントなどがもっとこのあたりの情報を流して良いと思いますが、求職者用への情報としてはたくさんの情報物件や非公開求人があり、とにかく求人が多いということのみを発信しているようです。多く見える転職情報の中で自分に有効な情報は意外に少なく、いかに集めるかということが大切かわかります。