経験者が語る、希望する会社の中途採用を突破して正社員になるコツ

標準

正社員から正社員への転職ではなく、アルバイトから中途採用で正社員への転職を考えておられる人は少なくないはずです。アルバイトとして働いていた人はし社員に転職できる確立が低くいのではないかと考える人もいますが、経験やスキルが重要視される今の時代、アルバイトであっても重宝される人材となることができます。特に長い間同じ職場で働いてきた人は、多くの経験と貴重なスキルを身につけています。そのため同じような業界での転職を考慮している場合、それらの経験やスキルが転職の成功を後押ししてくれます。

しかし長期間アルバイトとして働いてきた人は、面接時にこれまでなぜ正社員として働いてこなかったのかを尋ねられるのが一般的です。もちろん正社員として働こうとしていくつか面接を受けたものの、合格できなかったという理由でアルバイトをチョイスした人もいますし、はじめから雇用形態にはこだわっていない故にアルバイトを行っているという人もいます。いずれにせよ、この質問に対する答えは正直に述べても問題ありません。

なぜなら企業は従業員に対して長期にわたって事業に貢献してほしいと感じており、中途採用後、すぐに退職してしまう人を雇いたいとは思っていません。そのため長続きする人を欲しているわけですが、長年同じ職場でアルバイトを行っていた人はその点をすでに証明しています。そのためアルバイトをチョイスした理由がよほどのことでない限り、それが採用に影響することはありません。