会社の倒産の危機、早めに辞めて正解でした

標準

homehelper
私の仕事を辞めたきっかけは、10年以上前のことですが40代の当時はアルバイトで、介護の仕事がしたいと思っていました。

ホームヘルパー2級も取り、少しずつ介護の仕事を探そうかなと思っていた時に、アルバイト先の仕事の変更を頼まれました。

個人的には嫌だったんですが『嫌なら辞めてもらうしかない』と言われ、とりあえず、言われたことを受け入れ、必ず辞めてやると思い、そこから新しい仕事を探したんです。

友人にもこの話をするとびっくりされ、辞める決意を言った記憶があります。

そのことがあってから、3ヵ月ほどで新しい仕事を見つけ、アルバイト先に辞めますと言った時には、してやったりという気分でした。

社員さんからは『本当に辞めるの?信頼してたのに!』って言ってくれた時は、そんな風に思ってくれている人もいるんだと思いましたが、辞めて正解でした。

辞めてから何度か行きましたが、少し忙しくなって忘れていた時に、ふと思い出したかのように見に行くとアルバイト先がつぶれていました。

正直、びっくりでしたが、自分がいる時からも危ないんじゃないかと噂をしていたので、つぶれる前に辞めていて良かったと思ったのを覚えています。

つぶれるってことは解雇されるってことですからね。

『嫌なら辞めてもらうしかない』と言われてつぶれるまでの期間も半年あるかないかの短い間の話だったので、本能的なものが働いたのかもしれません。

そんなこともありつつ、経験としては無駄ではないので、今となっては良い思い出です。

40代になると辞めようか、生活を考えて辞められないか迷う所だと思いますが、40代で仕事を辞めたい時に参考になるサイトも見ては如何でしょうか。

パートでボーナスが出ないのに仕事量が正社員と同じ仕事辞めたい。

標準

パートで一般事務の仕事をしています。同じ部署のメンバーの言動にムカついています。声を掛けただけで怒鳴り付けられ、用事があったので行くと片手で追っ払われる状態なので、一緒に居るのが怖くて親睦会を抜けました。親睦会を抜けたので、親睦会費も支払うのは止めました。御金を払うのを止めた途端、また上司の態度が悪化し、机で騒音を立てる、暴言を吐かれるの態度。そのまま上司の態度は変わらず、周りの方々には私が悪いと吹聴して回られてい御様子。目の前でも堂々と私が悪いとおっしゃられてました。誰かと話していたら、まるでレストランに入って自分の料理は未だ来ないのかしらと待っている子どものように首を伸ばして聞いている状態、そして、何かあれば「信じられなーい」と会話の輪の中に入れてもいないのに勝手に毎回、入ってくる状態です。ボーナスも出ないし仕事量は社員と同じ、正直仕事辞めたいと思っていました。

よっぽど暇なのかなと思ったら、始業時間ギリギリに御出勤され、職場に着いてから朝食をとられ、インターネットをみておくつろぎになられているという御様子でした。そのあとは、あまり関わらないようにし、アルバイトという立場も一番弱い状態なので自分でどうすることも出来ないので、状態が改善されるということもなく、また上司にも、職場を改善しようという気持ちもないので環境は悪いままです。さきほど、産業医の先生と面談して来ましたが、一方的に私の話を聞いたのでそういう判断になられたのかもしれませんが、可笑しいのは私ではなく、周りと言うことをおっしゃって頂けました。それだけでもスッキリしました。

転職エージェントを活用して正社員になったが既に辞めたい

標準

ネットなどを利用すると無限に求人情報があるように思いますが、意外に情報が少ないと感じます。それは実際に転職活動すると自分の転職したいような条件の求人を絞るとやはり少ないと感じます。有効求人倍率が改善されたというニュースもありますが、それは非正規労働の求人が増えているために、正規の求人は少ないというのが現状です。また、人材紹介会社や転職エージェントなど求人を紹介する会社も数多くありますが、ほとんどが無料登録などで求職者の数を多く集めるのが目的で、一人一人転職が決まるまで面倒を見るということもなく有効な情報をどんどん伝えるということもなく、その内、放置されるというところがほとんどです。

そのせいで転職が上手く行ってもすぐに辞めたい、となてしまうのです。また、あいまいに転職は技術があれば、能力が高ければすぐに決まるという風潮がありますが、実際には職種や業種に大きく影響し、それほど能力が高くなくても業界で人材不足ならすぐ決まり、職種も特殊性があり不足しているのならすぐに採用されます。逆に比較的能力や学歴、職歴もそこそこの人でも希望する業種や職種が求人飽和状態ならなかなか決まらないということがよくありますが、そのあたりの情報というのはなかなか集めることができません。人材紹介会社や転職エージェントなどがもっとこのあたりの情報を流して良いと思いますが、求職者用への情報としてはたくさんの情報物件や非公開求人があり、とにかく求人が多いということのみを発信しているようです。多く見える転職情報の中で自分に有効な情報は意外に少なく、いかに集めるかということが大切かわかります。

20代半ばでフリーター、まだ正社員になれるだろうか

標準

もう10年程前になりますが、20代の頃に少しだけフリーターの仕事を体験しました。しかし、3日で辞めてしまいました。その体験談をお話しします。

その内容は、子供服のチェーン店でレジや電話対応、商品の管理などのお仕事でした。学生時代にすし店とクリーニング店のレジ経験があり、また保育士の資格ももっていたので、子供服を扱うお仕事は向いているかなと思って応募しました。面接と簡単な計算問題をクリアして、採用され働くことになりました。

まずレジの仕事を教えてもらったのですが、学生時代からも10年以上経っており、またレジも変化してきていてなかなかついていけませんでした。メモもしながら必死に覚える感じでした。すぐにお客さんの対応を任され、少しパニックに。何度か店長に注意されました。電話対応も、商品名が全く分からず正確に聞き取ることができず、店長に鼻で笑われました。プレゼント包装も包装紙を使う昔ながらの方法でやっていたので、不器用な私は練習しても上手くできず苦戦しました。

その店の店長は2店舗を掛け持ちしており、不在な時間も多いのでパートさんが基本的には大体の事を任されているという職場でした。掛け持ちで忙しいからなのか、店長はいらいらしている事も多く、裏表も激しい人で、お客さんがいないと他のパートさんの悪口を笑いながら言ったりしてました。言葉遣いも悪くて、ずっと嫌な気持ちがしていました。

3日目、レジに立っていると動悸がしてきてどうしても続ける自信がなくなり、思いきって「辞めさせてください。」と伝えました。電話で済ませようかなとも思っていましたが、当時の彼氏(今は旦那さんです)が、「ちゃんと会って話した方がいいよ。」と言ってくれたのでそうしました。

たった3日で辞めてしまったのでトラウマになってしまい、今でもサービス業(特にレジ)は無理だと思っています。たぶんこれからも、お仕事は正社員としてサービス業を除いてやっていく予定です。

経験者が語る、希望する会社の中途採用を突破して正社員になるコツ

標準

正社員から正社員への転職ではなく、アルバイトから中途採用で正社員への転職を考えておられる人は少なくないはずです。アルバイトとして働いていた人はし社員に転職できる確立が低くいのではないかと考える人もいますが、経験やスキルが重要視される今の時代、アルバイトであっても重宝される人材となることができます。特に長い間同じ職場で働いてきた人は、多くの経験と貴重なスキルを身につけています。そのため同じような業界での転職を考慮している場合、それらの経験やスキルが転職の成功を後押ししてくれます。

しかし長期間アルバイトとして働いてきた人は、面接時にこれまでなぜ正社員として働いてこなかったのかを尋ねられるのが一般的です。もちろん正社員として働こうとしていくつか面接を受けたものの、合格できなかったという理由でアルバイトをチョイスした人もいますし、はじめから雇用形態にはこだわっていない故にアルバイトを行っているという人もいます。いずれにせよ、この質問に対する答えは正直に述べても問題ありません。

なぜなら企業は従業員に対して長期にわたって事業に貢献してほしいと感じており、中途採用後、すぐに退職してしまう人を雇いたいとは思っていません。そのため長続きする人を欲しているわけですが、長年同じ職場でアルバイトを行っていた人はその点をすでに証明しています。そのためアルバイトをチョイスした理由がよほどのことでない限り、それが採用に影響することはありません。